読書について

本を読むのはわりと好きな方である。

昔から、なんか疲れたときにすることといえば最終的に読書にたどり着くことが多い。

でも読書もかなり労力を費やす行為なので、そういうときはだいたい流し読みになってしまう。

ちゃんと身になっている自信がないので、読書が趣味だと人に言わないようにしている。

 

おそらく読書によって知識を身につけたいわけではなく、読むという行為で現実から離れたいのだと思う。

行為そのものが目的で、本から何かを得ることは二の次なのかもしれない。

そのわりには娯楽性の高いものよりも小難しい本を選んでしまったりする。

そのせいで、ますます初対面の人と「何読んでるんですか?」的な会話をするのがしんどくなる。

好きだけど趣味だとあまり言いたくないという点では絵を描くことと似ている気がする。

 

もちろん内容を知りたいと思い、知識の獲得のために購入することもたくさんある。でも高い確率で積読になりがち。

雑に読む癖がついてしまっているので、内容をしっかり頭に入れたいときは読書ノートをとるようにしている。気になった部分をひたすら(メモアプリなどに)抜き書きする。

これはとても面倒だけど、こうでもしないと頭に入らない。

逆にこうしておけば後から見返すのも楽になるし、知識の定着度合いもいくらかは良くなる。

途中で挫折しても、どこから続きをやればいいのかがすぐわかる。

ただ、ほんとうに面倒なのでやはり積読になってゆく。

 

最近は1日の終わりに少しずつ本を読むのがささやかな楽しみになっているので、少しでも積読が解消されれば良いなと思っている。