‹ Escapism

SNSの使い方

Oct 31, 2020

この一年はSNSとどう向き合うか、ということをずっと考えていたような気がします。

考えてきた結果、

  • あまり深く考えず、
  • 自分の気の向くままに、
  • 極力他人に口を出さないようにする

という方針が自分に合っているのかなあと思いました。

最近は何か言うときは主に自分のサーバー(Misskey)に投稿していて、それで落ち着いているという感じです。 TwitterやMastodonのアカウントもありますが、今はほとんど使っていません。

SNSにも良い面とそうでない面があるので、うまく使えれば良いのですが、自分にとってはコントロールが難しいなと考えることが多かったです。

楽しいと感じられるときだけ使うのがいいけど、空き時間を全部SNSに使ってしまうことがあったし。

嫌なことがあった時ほど使いたくなったりもするし。

去年のちょうど今頃からそんなことで悩んでいました(マストドンをしばらくやめようとして結局できなかった)。

今ではそういったことは抑えられるようになりました。

というか、あまり自分自身発言したいことがなくなってきたというのがあります。

主張したいことや宣伝するものがないという意味でもあるし、公開でわざわざ言う話題でもないから黙るという意味でもあります。

最近特に思うようになったのは後者で、SNSは気軽に発言できるというメリットはあるけれど、自分の中でだんだんそれがやりづらいと感じられました。

個人的には、各自好きなように発言して、違う意見があるなら直接議論するなどしてぶつけ合えばいいと考えているんですが、自分には返ってきた反応に真摯に向き合う余裕がないので、誤解を受けそうな話題は避けています。 あと、誰かにうっかり刺さりそうな壁打ちも極力控えるようにしています。

そもそもインターネット上で言いたいことを全て言う必要もないような気もしているので、これに関してはあまり困ってはいないのが正直なところです。

同様に真摯に向き合えないからという理由で、誰かと新たに深く関わろうとするのも避けがちです。

その人の動向をずっと追っているわけでもないし、事情も知らないからどの程度のリアクションがどれだけ相手の負担になるかもわからないので。

そういう場合はこちらから何のリアクションもせず、ただ見てるだけだったりもします。

いろいろあって、SNSだけで人間関係の構築や維持を期待するのは難しいなと感じています。

SNSによってつながりやすくなったからこそ、協力したり、相乗効果によって新しい価値を生み出せる可能性もあると思いますし、そういうのはまだ諦められてはいないのですが。

自分が3年ぐらいお世話になっているマストドンの小規模サーバーは、他の場所での活動もあったりオフも開催されたりして、単なるSNSでの人間関係以上になっているように思います。

以前と比べて活動が減って寂しい気もしますが、様々な事情があるので仕方ないと思っています。

一時期、自分にできることがないか考えたりもしたのですが、何をやっても誰かの負担になりそうな気がするし、最後まで責任持ってやれるのかも不安なので結局のところ何もできませんでした。

自分のサーバーがメインになっているのは、何もできなかったり、他の人が避けている話題に触れたくなる自分がちょっとしんどくて少し離れた方がいいと思ったからです。

実際やりとりしてくれる人たちはほとんど変わっていないので、きっとどこにいてもこれが自分のソーシャルグラフなんだなという気がしています。

そんな感じで期待したり限界も感じたりしながら、これからもやっていこうかなと思います。