‹ Escapism

長い目で見る

Jan 13, 2021

「すぐに結果を求めるな」とは一般によく言われることですが、それでも無意識のうちに、わかりやすい変化が起こる前提で物事を考えて行動をしてしまうものだなあと気づくことがあります。

自分の時間の流れを基準に勝手に何かを期待して、勝手に疲れることが多いかもしれないなと。

でも短い期間では感じ取れない変化が実際にはたくさん起きているんですよね。

歯ブラシを持って逃げる子供を追いかけて泣かれながら仕上げ磨きする日が続くと、毎日同じことの繰り返しで果てしないように感じるのですが、何週間か経つと(自分も、おそらく相手も)歯磨きがそれほど難しく感じなくなっていることに気付いたりします。

まあ、ひとつ難題がクリアしたとしてもまた新たな試練がやってくるし、日々知恵をつけていく相手と常に攻防していくことには変わりないのですが。

何も進んでないような気がしても焦る必要はないのかもしれない。

そのことを折りにふれ意識していきたいなと思うのでした。

🏷