‹ Escapism

さよなら現実逃避

Apr 25, 2021

2ヶ月ぶりの更新です。 (こんな題ですがここを閉鎖するという話ではないです。念のため)

ここ以外の場所で状況を書いたりもしたのですが、体調不良に悩まされた日々でありまして、ただその結果自分の生活やら内面やらを見直すことができました。

出産してからは、自由な時間を作る余裕がない中、それでも自分の精神の安定のために、睡眠時間を削りつつ自分のやりたいことをやってきました。

削るといっても、もともと子供の世話のために夜中に起きることがしょっちゅうだったので、寝かしつけが終わった後や、夜泣きで起こされたタイミングで何かしらしようという感じでやっており、そこまで無理している感覚ではなかったのですが。

実際は、睡眠サイクルは完全に壊れてしまっていましたし、職場復帰してからのことを考えたときにこのままではいけないというプレッシャーがとどめを刺して、もう何をするにも無気力で育児や日常生活も苦痛にしか感じられなくなっていました。

少し冷静になってあらゆるものをやめてみたときに、自分のやっていることは本末転倒だなと感じました。一体何のために何をやっているのか。

子供の体調が崩れてはじめて、もうそろそろ自分が変わらないと、生活のリズムを正してやらないと根本的にだめだという自覚が生まれました。

今月からすでに保育園に通っていますが、それまでは不安でいっぱいでした。同学年の中では月齢は上のほうだけど、発達の面で遅れ気味の部分もあります。これまで母親と少しも離れたことがなく、長時間預けることが可能かどうか想像ができませんでした。

それでもいざ始まってみれば、子供は子供なりに新しい環境で頑張ってくれているようでした(頑張りすぎて熱を出し、家族全員で風邪をひいてしまうという定番の行事も無事終えました)。送り迎えのときには毎回泣きわめいていますが。

平日に一緒に散歩できない寂しさはありますが、育児に追い詰められているような感覚で限界を感じ始めていた自分にとっては良い変化でした。

園に通い始めたことによって、子供にも私にも1日のリズムや1週間のリズムができてきて、少しずつ余裕も生まれてきました。社会の流れに沿って生活できているような実感があると、なんとなく安心できる気がします。

私は、子供が生まれてからも以前と同じように生きるということにこだわりすぎていたような気がします。子供によって自分の人生を犠牲にしていると思いたくなかったのかもしれません。

ですが、以前と同じようにするというのはまず不可能です。優先順位をいったん全部組み直して、目の前のできることをやっていくしかない。自分の性格を考慮しても、私生活のことだけを考えることが結局は一番なんだと思いました。それを差し置いてやる他のことが楽しいかというと、別にそこまででもないというか。

何かと育児を言い訳にしがちですが、自分の気質の問題であるところも大きいです。 色々なことに気移りして、最初は気合いを入れてやってみるけれど、それらを同時に継続してやれるほど器用でもない。物事の計画を立てるときは悪いほうに見積もる癖があり、何事も大げさに言いがちだったり、過剰に悩んだりする。周囲に流されやすく、自分をすぐに見失う。

性格はもう直せないので、これらを常時念頭に置いておく以外に対処しようがありません。受け入れて、自分は自分であるということ、未熟な部分ばかりを考えて焦るのをやめ、今あるものに感謝して生活を続けていくことが今の自分に必要なことだと考えています。 

🏷